犬のお役立ち情報!犬(ペット)の保険について

犬にも保険が当たり前?

犬にも保険?当たり前になりつつあるシステム

ペットにも保険がある。
10年前ぐらいでは、あまりスタンダードではありませんでした。
しかし犬用の保険もかなり浸透してきました。

 

今日はその中でも、一つ紹介しようと思います。
今後も他の保険なんかも紹介していきます。

 

今日紹介するのは、アイペット損害保険のペット保険です。

 

 

どうやら犬種と年齢によって金額が違うようです。
アイペットの保険だと月々の支払いは890円~1580円で、年間で11,480円~18,410円のようです。

 

これくらいの金額設定なら、愛犬のもしもの手術などの高額費用にも安心して対応できるようになると思います。

 

特に小型犬は、言い方は悪いですが体が弱い子も多いです。
全てがそうではありませんが、そんな子もいます。

 

 

アイペットの保険では、最大で手術費用の90%まで補償してくれたりするようです。
そして、手術後に入院が必要な場合でも入院にかかる費用も補償してくれたりと、まるで人間の保険と同じような嬉しい補償が多いです。

 

手術費用は、限度額が50万円と決まっているようですが、これ以上かかる手術はあまりありませんし、50万円以上になってあとは差額分を負担するだけですみます。

 

人気犬種のでもお話したミニチュア・ダックスフンドなどは、胴が長く足が短く背中や腰に大きな負担がかかる犬種で、ヘルニアなどの危険性が他の犬種より高いとお伝えしましたが、その出術費用がアイペットの調べですと、だいたい28万円ぐらいだそうです。

 

 

この保険に加入していれば、その手術費の90%を保証してもらえるので、実質出中にかかる費用は1割の約2万8千円ですむことになります。

 

 

これまでペットを飼っていた人なら、ペットにかかる病院での費用の総額が、まとまった金額になることはわかっていると思いますが、初めて飼う人や、今までこのような保険に加入したことの無かった人には、知って得する情報になればと思います。

 

このような犬の飼い主様のお役に立ちそうな情報を、今後もお伝えして行く予定です。
詳しくはアイペットのHPをご覧下さい。
アイペット損害保険株式会社

 

 

下記の点には十分注意してください。

 

※保険の適用など契約に関する情報は、ご本人様がしっかりと確認され納得された場合にご加入ください。
当サイトでご紹介した情報と補償内容の説明に間違いが生じる場合もございます。
その際に生じる損害は、当サイトでは責任を負いかねます。
契約内容はよく確認のうえ、ご契約してください。

 

 

マンダリンブラザーズ


 

関連ページ

犬の保険 ペッツベスト編
犬の気になる情報や、知って得する情報などをお伝えしていきます。
こんなペット保険もある 犬の保険PS保険
ペット・犬保険の大手でもあるPS保険をご紹介します。
ペット保険 犬保険のFPC編
業界でも有名なFPC社の保険について解説していこうと思います。
入っていて良かったペット保険 アニコム編
アニコムさんのペット保険について抜粋してお伝えしていきます。
お客様満足度が高いペット保険 ペット&ファミリー少額短期保険
犬の保険で満足度の高いペット&ファミリーさんの犬保険
au損保のペット保険 あ・う・てのペット保険
ペット保険のあ・う・て「ペット保険」のご紹介!