里親になる条件はなぜ厳しいのか?その理由とは?

里親になる条件はなぜ厳しいのか?

里親になる条件はなぜ厳しいのか?

 

里親サイトなどを見ていると、条件が多く記載されています。

 

  • 去勢・避妊手術をすることや、
  • ワクチン接種を毎年受けること
  • その他の契約事項

などがあります。

 

 

とてもきびしいハードルに感じられる物もありますし、ペット飼って行く中で、至極当たり前のことも多くあります。

 

 

私は、犬を飼ったこともありますし、いろいろ理解できますが、私の周りの友達などにこの話をすると意外な答えが返ってきます。

 

 

里親に出すってことは、「貰ってもらえなきゃ、保健所に連れていくしかないんでしょ?」
確かに言っている事は、間違っていない気がします。

 

里親募集を募るってことは、しかたなくお別れするしかないので、苦渋の決断の中で、申請しているんだと思います。
少し無理をすることによって飼い続けることができるのなら、手放すはずがないですもんね。

 

そう考えると、貰い手がいなかったら殺されてしまう可能性を考えれば、引き取ってもらうことがベストなはずです。

 

しかし、その相手は誰でもよいわけではありません。
しっかりと飼ってあげられる飼い主さんを選ぶことも非常に重要だと思います。
大好きな犬や猫の将来を託すのですから!

 

 

 

どのくらいの条件がちょうど良いのか?

 

しかし、あまりに厳しい条件を突きつけるのもどうかと思います。
少なくとも里子に出す元の飼い主さんは、その条件をクリアーできていない人達なのですから、里親になってくれる人には、常識的に守るべきルールだけお願いして、細かいことまで厳しくする必要もないと思います。
※保健所などで殺処分されるはずだった子犬・成犬たちの里親募集活動を 行う非営利団体などは除く

 

特に元の飼い主さんに、毎月連絡を取るとかは、引き取り手にとっては面倒なやりとりになると思います。

 

 

いろいろ考えてみると、条件を厳しくして引き取りてが見つからない方がよいのか?
それとも、常識的(ワクチン注射や日々の食事と散歩、ペットの最後まで面倒を見る)なことだけ守ってもらい引き取ってもらうのがよいのか?

 

非常に難しいですが、譲渡されたペットがまた同じように里親に出されてしまう可能性を考えると、厳しいルールでも致し方なしと思うしかないかもしれません。しかし、それによって、殺処分されてしまう犬や猫が出るのもまた事実ではあります。

 

 

 

犬のトートバッグ

 

犬のキャリーバッグ

 

犬のミニキャリー


 

関連ページ

利用者多数の里親募集サイト「ペットのおうち」
とても多くの人が閲覧しているので、登録頭数も多い
里親を探す飼い主の質も求められる
里親は募集する側の問題でトラブルになることも!
里親募集サイトでのトラブル?考えるべきこと
里親募集サイトを使っているとたまに起きるのがトラブルです
犬を飼うのに不安を感じることとは?4つの不安(金銭面、しつけ)-後編-
犬を飼い始める時に感じる不安点をご紹介
犬を飼うのに不安を感じることとは?4つの不安
犬を飼う不安って何?よくある不安点を説明します。
こんな人気犬種も里親募集に出されている?(トイ・プードル、チワワ、ミニチュア・ダックスなど)
こんな犬種も登録されている!人気犬種も引き取れるかも?
犬の里親探しでチェックしておきたい項目
犬の里親サイト探しのチェックするべき項目
どんな里親サイトで探すのがいいのか?里親サイトの注意点
里親サイトを使う時の注意点